アルファリポ酸点滴療法
アルファリポ酸は、からだの中でエネルギー(ATPといいます)を作る際に利用されます。つまり、体内のエネルギー産生に必要な物質と言えます。また体内で生じ細胞を傷つける、「活性酸素」を除去する「抗酸化物質」の働きも担っています。

体内のアルファリポ酸は年齢とともにその量が減少すると、その「抗酸化力」が低下し細胞の中の遺伝子を傷つけ発ガンの原因にもなります。また、加齢によらなくとも体内に水銀、ヒ素、カドミウムなどの重金属が蓄積しやすい方も、「抗酸化力」が低下したり、エネルギー産生に関わるミトコンドリアの機能障害を来します。その結果、慢性の疲労や原因不明の体調不良を訴えている方もおられます。
アルファリポ酸には、これらの重金属を吸着し(キレートすると言います)、排泄作用があります。
このアルファリポ酸は水溶性・脂溶性の両方の性質があるため、血液だけでなく脳、心臓、肝臓、腎臓、膵臓、その他の組織や細胞に到達し作用を発揮します。
そのため、点滴投与することで全身で生じた「活性酸素」を除去し、様々な病態の改善に利用することができます。
このような方にご利用いただけます
  • 強力な抗酸化作用によるガンの抑制作用があるため、ガンの補助療法を希望される方。
  • 酸化とは体の老化にも繋がります。つまりアンチエイジング効果を希望される方。
  • キレーション作用による体内の水銀、ヒ素、カドミウムなどの排泄により、慢性的疲労やその他の不快な症状の改善に寄与する可能性があります。そのような有害重金属蓄積が疑われる方。
治療の流れ
STEP.1初回は100mgから点滴を開始します。患者さんの体重や病態を見ながら400~600mgくらいまで増量し、以後はその量で点滴を行ってまいります。
STEP.2目安としては週に2回を1回30分~60分位で点滴を行ってまいります。
STEP.3同時に失われた必要なミネラルのサプリメントを補うことをお勧めします。
注意点
  • 高濃度ビタミンC点滴と併用することで、ビタミンCの抗腫瘍効果を増強すると言われています。その際はビタミンC点滴の後にアルファリポ酸点滴を行います。両者を混ぜることで血栓ができる可能性があるためそのようなやり方は控えております。
  • 点滴の穿刺部位の痛みや灼熱感を訴える方も時におられます。その際には適切な対応をし症状の軽減をはかります。
  • 稀に、インスリン自己免疫症候群という低血糖症状を訴える方がおられます。(症状として動悸や震え冷汗、寒気など)そのような際は、注射を中止し低血糖の程度に合わせて糖分の摂取、ブドウ糖の点滴などを行います。また、他の原因がないか検索致します。
  • キレート作用により有害金属だけでなく、有用なミネラルも喪失するためそれらの摂取を治療期間中はご提案致します。
  • キレーション治療をご希望の方には、同時にアルファ・リポ酸やビタミン剤などのサプリメントを服用。アルファリポ酸点滴療法によるキレーションを行う場合、週1回を目安に点滴を受けていただき、10回終了したところで治療判定を行います。
  • 高濃度ビタミンCの同時使用も可能。高濃度ビタミンC点滴療法後に引き続きアルファ・リポ酸点滴をすることでビタミンCの抗腫瘍効果を増強します。EDTA-Caや-Naという薬剤が一般的に使用されます。当院では、それらを使用せずアルファリポ酸を採用しているのには理由があります。まず、患者さんの時間の拘束がEDTAよりも少ないこと、EDTAの場合だと使いづらい腎機能障害のある方でも水分負荷をかけずに使用できるということです。また、上記にも述べたようにガンの補助療法など他の用途にも利用できるため汎用性があると考えるからです。
  • 補完療法は唯一の治療法ではありません。この治療だけで改善を期待するのではなく、平行して食事を含めた生活調整、その人の見えないプロセスに注目することも重要です。診療の際に皆さんに合った生活調整について相談しながら決めてまいります。
価格
アルファリポ酸 100mg5,400円(4,320円)
アルファリポ酸 200~300mg12,960円(10,800円)
アルファリポ酸 400~600mg15,660円(13,500円)
  • 高濃度ビタミンCやマイヤーズカクテル点滴に併用する場合は、これらの後に点滴を行います。その場合は上記のカッコ内の価格となります。

インフォメーション
◆診療案内
◆ご予約・お問い合わせ
045-212-0860
受付 9:00~18:00(土曜 13:00)
◆アクセス
JR京浜東北線(根岸線)/横浜市営地下鉄 「関内駅」から徒歩約10分
みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口 県庁口出口からすぐ
〒231-0005 横浜市中区本町1丁目4番地 プライムメゾン横濱日本大通 3F


TOP